ダイエット中の停滞期の仕組みと乗り越え方

ダイエットで体重が減らなくなる理由

ダイエットをして体重が減ったと喜んでいると、ある日を境に今までのように体重が減らなくなることがあります。この時期を停滞期といい、ダイエットをがんばっても効果がなくなってしまうので、いかに停滞期を乗り越えるかがダイエット成功のカギになります。

 

ダイエット方法を変えていないのに、なぜ?と思うかもしれませんが、その仕組みは体に備わっている防御機能が働いているためです。

 

活動に必要なカロリーを摂取することは生命維持に欠かせないので、摂取カロリーが少なくて脂肪が減ってしまうと、身の危険を感じて消費するエネルギーを節約するため、痩せにくくなってしまいます。この仕組みはホメオスタシスと呼ばれていて、生命を守るために備わっている機能なので、停滞期は誰にでも訪れます。むしろ停滞期がくるのはダイエットの効果が出ている証拠なので、そのまま続けてみましょう。

停滞期はどのくらい続く?

ダイエットをしていて体重の減りが鈍くなってくるタイミングですが、一般的には体重の5%が減った時、または体重が減り始めてから1ヶ月後くらいとされています。

 

ダイエットを始めたばかりの頃のように順調に体重を減らすためには、「摂取カロリーが減ったのは異常な状況ではなく、これが普通の摂取量なのだ」と体の機能が認識するまで待つしかありません。

 

特に問題がないと認識されるまでの期間には個人差がありますが、目安としては体重が減らなくなってから1ヶ月間くらいで、その後再び体重に変化がみられるようになります。

 

この間に効果がないと諦めて元の食生活に戻してしまうと、体の機能は「やっぱり異常な状態だったんだ」と判断して入ってきた栄養を頑張って吸収するので、痩せる前と変わらない体重になり、下手をすると痩せる前よりも太ってしまうこともあります。

挫折しないでやり遂げるためには

目に見えて体重が減っている時は、ダイエットの効果が実感できるのでやりがいがあります。しかし食事制限でストレスがたまり、その上体重が減らないとなると挫折をしてしまうのも無理はありません。

 

このツライ時期を乗り越えるには、できるだけストレスがたまらない方法でダイエットを続けることです。例えば極端に食事を減らす方法は、短期間なら我慢できたとしても長期間続けるとなると、体は勿論ですが精神的にもかなりハードです。習慣のように続けられる方法なら、体に負担をかけることが少なくなり、ストレスによるイライラも軽減されます。

 

そして「1ヶ月後くらいには体重が減らなくなる」ことを頭に置いて続けていれば、実際に体重が減らなくなったとしても、気持ちに余裕が出てきます。ですから痩せる計画を立てる時は、体重が減らなくなる時期も組み込んで考えると目標が立てやすくなります。"